緩和ケア認定看護師と終末医療(ガン漢方ほかニュース3本)


緩和ケア認定看護師は、主にがん医療や終末期医療などにおいて、

治療方針の意思決定支援、疼痛管理、各種告知の見極め、蘇生措置拒否(DNR)の意思確認支援などを行います。

緩和ケア認定看護師になるためには、次のようなカリキュラムが用意されています。

●共通科目

  1. リーダーシップ
  2. 文献検索・文献講読
  3. 情報管理
  4. 看護倫理
  5. 指導
  6. 相談
  7. 看護管理

●専門基礎科目

  1. 緩和ケア総論
  2. がんのプロセスとその治療
  3. 臨床倫理
  4. 緩和ケアにおけるストレスマネジメント

●専門科目

  1. 症状緩和と援助技術
  2. 緩和ケアを受ける患者の心理過程とその支援技術
  3. 緩和ケアを受ける患者の家族への支援
  4. 緩和ケアにおけるチームアプローチ
  5. 地域における緩和ケア

 

緩和ケアに関するニュースを3つほどご紹介したいと思います。

まずは、中日新聞に掲載されていた記事ですが、

緩和ケアについて今広まりつつある「ガン漢方」について特集が組まれています。

症状や副作用を緩和 広がるがん漢方

緩和ケアとは末期がんの治療に限らず、患者の状態を改善させ、生活の質を向上させる取り組みのこと。上園さんは「全身に作用 … 今後は薬剤師や看護師など、医療スタッフ向けの勉強会にもつなげていきたい」と話す。 (編集委員・安藤明夫)

元々は、こちらの記事のように厚労省がリーフレットを作成し、
周知してもらえるよう努力している程、中々浸透が広まらない分野でもあります。

緩和ケア:浸透せず…周知へ厚労省がリーフレット

緩和ケアは、がんと診断された時から始まります−−。2007年施行のがん対策基本法で、がん医療の柱の一つに据えられ … 拠点病院では、08年から専任の医師や看護師による緩和ケアチームの整備を義務付けられたが、5年以上たった今 …

また、緩和ケアは末期がんなどの患者を対象とする割合も多く、
こちらの記事のように精神的概念・考え方がだいぶ整理され
ようやく緩和ケアの概念が浸透する基礎が出来てきていると思います。

週刊医学界新聞 第3081号

しかし今はスピリチュアルケアの概念も整理され,霊的・宗教的な意味だけではないと認識されるようになってきました。「緩和ケア」の講義で学生に,「私,スピリチュアルケアに関心があります」と言われたり,若い看護師が「この患者さん, …

集中ケア認定看護師と看護師求人の探し方


集中ケア認定看護師は、主にICU(集中治療室)やCCU(Coronary Care Unit)で、重症・集中治療を要する患者の看護に従事する認定看護師になります。

■共通科目

  • 看護管理
  • リーダーシップ
  • 文献検索・文献講読
  • 情報管理
  • 看護倫理
  • 指導
  • 相談
  • 対人関係
  • 臨床薬理学
  • 医療安全管理

■専門基礎科目

  • 患者・家族のアセスメント
  • 安全管理
  • 人間関係マネジメント

■専門科目

  • 集中ケア看護概論
  • 機能障害と看護ケア
  • 集中ケア看護技術
  • 集中ケア看護技術指導

次に、一般に公開されている集中ケア認定看護師の看護師求人ですが、

「集中ケア」で調べてもほとんど見つかりません。

「ICU」や各診療科の中で「集中治療」を必要としている病院の求人を調べるのが良いかもしれません。

皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師と看護研修学校(東京都清瀬市)


皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師は、「創傷(wound)」、「ストーマ(ostomy)」、「失禁(continence)」に関する看護を行います。

WOC認定看護師になるための習得カリキュラムは次のようになっています。

■共通科目

  • 看護管理
  • リーダーシップ
  • 文献検索・文献講読
  • 情報管理
  • 看護倫理
  • 指導
  • 相談
  • 対人関係
  • 臨床薬理学
  • 医療安全管理

■専門基礎科目

  • 皮膚・排泄ケア概論
  • リハビリテーション概論
  • 病態栄養学
  • アプライアンス

■専門科目

  • ストーマケア総論
  • ストーマケア各論
  • 創傷ケア総論
  • 創傷ケア各論
  • 失禁ケア総論
  • 失禁ケア各論

WOC認定看護師を始めとする認定看護師の学校は

東京都清瀬市と(看護研修学校)と兵庫県神戸市(神戸研修センター)にあります。

看護研修学校は7学科

(救急看護、集中ケア、皮膚・排泄ケア、感染管理、糖尿病看護、小児救急看護、認知症看護)

を開講しており、各過程毎年定員30名までの認定看護師を輩出しています。

 

救急看護認定看護師と新潟県の資格費用補助


救急看護認定看護師の対象となる分野は、不慮の事故による外傷・熱傷、

脳卒中・心筋梗塞などの突発的な疾病や、各種中毒などの慢性的な疾病・外傷を有した患者の看護となります。

救急看護認定看護師となるための、認定看護師教育課程カリキュラムとしては、

■共通科目

  • 看護管理
  • リーダーシップ
  • 文献検索・文献講読
  • 情報管理
  • 看護倫理
  • 指導
  • 相談
  • 対人関係
  • 臨床薬理学
  • 医療安全管理

■専門基礎科目

  • アセスメントとケア(メンタル、フィジカル)
  • リスクマネジメント
  • 救命技術の理論と実践

■専門科目

  • 救急看護概論
  • 救急看護技術
  • 病態とケア
  • 救命技術指導
  • 災害急性期看護

となっています。

また、最近のニュースで「新潟県が救急看護認定看護師」の認定看護師資格の

取得にかかる費用を新潟県が補助する募集を行っており、

新潟県が専門的医療に掛ける姿勢が伺えます。

引用:

看護師については、救急看護や緩和ケアなど特定分野の知識や技術を身につけた「認定看護師」の資格を取る際にかかる費用を県が補助する。200床未満の病院(公立を除く)が対象で、26日まで募集している。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20140606116534.html

認定看護師の分類について


認定看護師は、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格することで認定証が交付されますが、
看護師もしくは保健師・助産師の免許を持っていて、
実務経験5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)、
認定看護師教育機関で認定看護分野に応じた認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)を修了し、
認定審査(筆記試験)に合格する必要があります。

今回は、認定看護師が認められている認定看護分野について解説したいと思います。
現在、認定看護分野は21分野認められています。

  1. 救急看護
  2. 皮膚・排泄ケア
  3. 集中ケア
  4. 緩和ケア
  5. がん化学療法看護
  6. がん性疼痛看護
  7. 訪問看護
  8. 感染管理
  9. 糖尿病看護
  10. 不妊症看護
  11. 新生児集中ケア
  12. 透析看護
  13. 手術看護
  14. 乳がん看護
  15. 摂食・嚥下障害看護
  16. 小児救急看護
  17. 認知症看護
  18. 脳卒中リハビリテーション看護
  19. がん放射線療法看護
  20. 慢性呼吸器疾患看護
  21. 慢性心不全看護

補足ですが、それぞれ英名は次のようになります。

  1. Emergency Nursing
  2. (WOC) Wound,Ostomy and Continence Nursing
  3. Intensive Care
  4. Palliative Care
  5. Cancer Chemotherapy Nursing
  6. Cancer Pain Management Nursing
  7. Visiting Nursing
  8. Infection Control
  9. Diabetes Nursing
  10. Infertility Nursing
  11. Neonatal Intensive Care
  12. Dialysis Nursing
  13. Perioperative Nursing
  14. Breast Cancer Nursing
  15. Dysphagia Nursing
  16. Pediatric Emergency Nursing
  17. Dementia Nursing
  18. Stroke Rehabilitation Nursing
  19. Radiation Therapy Nursing
  20. Chronic Respiratory Nursing
  21. Chronic Heart Failure Nursing

次回以降、各認定看護分野の特徴やその看護師求人、認定看護師教育課程の解説などをして行きたいと思います。